育毛とシャンプーの話



僕は髪を扱うプロなので、育毛の知識はもちろん、市販の育毛剤のこともよく知っている。

毛というのは植物を育てることをイメージすると分かりやすい。

 

たとえば、「さいきん急に薄毛が気になりだした」なんて人は、

元気のないプランターの植物を思い浮かべるといい。


だいたいの人は、薄毛対策で《育毛剤》を頭につける。

育毛剤の効能は簡単にいえば肥料と同じ。


だけど、肥料だけをたっぷりあげて植物は育ちますか? ということ。


植物が元気に育つには、快適な環境が必要です。

土壌、水、気温、風通し、etc…そこにもちろん肥料も含まれる。


土壌=頭皮 気温=食生活 肥料=育毛剤――といったふうに置き換えて、

トータル的なケアをするのが、テレビCMなどを大々的に行っている企業。

 

お金と時間がある方にはおすすめだけれど、多くの人は(ぼくを含めて)楽して髪を増やしたい! と思っている。

自宅で頭皮のマッサージをするのさえ面倒というか、やったことのない人がほとんど。


僕が薄毛対策に激プッシュするのは『育毛シャンプー』


シャンプーひとつで髪は変わる。あやしいワゴンセールのシャンプーで3ヶ月も髪を洗ったらどうなるか!(~ヘ~;)


育毛には快適な環境が必要だと、最初に書いたけれど、良質なシャンプーひとつでその多くが改善されます。


良質なシャンプーを使って、3ヶ月様子を見る。

ほんとにこれだけでいいんです。

 

「マスターがすすめる育毛シャンプーを使ったら髪が元気になってきたよ」


今日もお客様の声が嬉しいです。



都筑区床屋 センター南床屋 横浜床屋 ゼロ